意識障害患者の”AIUEOTIPSミカタ” 〜NPでの学びを看護に繋げる Vol.2〜

physical



入院患者の〇〇シリーズ。

意識障害の続きです。

いろんな教科書を見ても出てくる”AIUEOTIPS”
その内容は記載されていても、看護師は何を見たらいい?聞いたらいい?と言った深いところまで踏み込んで記載されたものは少ない、、、気がします。

今回は総合診療科NPが臨床で学んできた看護師が抜きに出る”AIUEOTIPSのミカタ”についてまとめたいと思います。

今回はU:尿毒症です

そもそも尿毒症ってなんですか?透析すればいいんですか?

尿毒症とは

f:id:ZoeSun:20211029124232j:plain

腎臓の働きが極度に低下して起こる全身の変化をいい、急性あるいは慢性の腎臓障害が進行した状態です。結果排泄されるべき毒素が蓄積し症状を発症します。

教科書的には色々な書状が記載されていますが、どのような内容を見ていけばいいのでしょうか?

尿毒症脳症

f:id:ZoeSun:20211029124236j:plain

今回は”意識障害”をまとめているので、そこについて触れます。

尿毒症の意識障害は、元々元気だった人が、ヨーイドン!で意識レベルの低下をきたすわけではありません。

もちろん基礎に慢性腎障害がある方が多いですが。。。

TimeCorseとしては徐々に低下していきます。

多くの流れとして
性格変化がおこる→認知障害がおこる→見当識障害が起こる→意識障害

といった感じに徐々に重度していきます。

家族からの問診でこのTimeCorseが聞けるかどうかが一つのPoint です。

尿毒症性脳症の原因

f:id:ZoeSun:20211029124251j:plain

尿毒症の原因として腎障害の進行が関与していますが、腎臓事態の問題、腎臓以前の問題、腎臓以後の問題と分かれます。

そして各タイプの原因として
腎後性:尿閉、膀胱がん、神経因性膀胱 等
腎前性:ショック、脱水、薬剤性 等
腎性:急性尿細管壊死、間質性腎炎、糸球体疾患

があります。

看護師は何が見れるの?

看護師がミル”腎後性腎不全”

f:id:ZoeSun:20211029124255j:plain

腎後性腎不全、ようは腎臓から末梢側の問題によりにょが排泄されず、腎臓に負担がかかる状態。主に尿閉です。

尿閉を来す要因として、物理的には前立性肥大、薬剤性。神経因性は脊椎疾患、糖尿病、加齢性変化などが挙げられます。

f:id:ZoeSun:20211029124258j:plain原因薬剤が意外と多い、、、
日頃目にする薬もあるのではないでしょうか。

神経因性膀胱は尿意を感じないので自覚症状がない人も多いです。

ですので、腎不全の身体診察だけでなく、上記疾患・薬剤服用中の患者さんにはスクリーニングで下記Physical Examinationを実施してみるのも良いかもしれません。

尿閉のPhysical

f:id:ZoeSun:20211029124300j:plain

指針は下腹部緊満。下腹部が貼っており、触ると痛がる、もしくは尿意を催すことが多いです。ただポッチャリ体型以上の方は確認しにくいことも、、、

またガス腹、便秘腹、自腹との鑑別として聴診器を用いた方法があります。

恥骨上聴性打診:auscultatory percussion
聴診器を恥骨結合の上に乗せて,上から指でポンポンポンと叩いていきます。
膀胱の上縁までいくと音が急に大きくなります。恥骨結合から音が変わるまでの距離が8-9 cmを超えていれば,だいぶ溜まっているとなります。

”Auscultatory Percussion of the Bladder to Detect Urinary Retention”
https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJM198109173051217

看護師がミル”腎前性腎不全”

f:id:ZoeSun:20211029124304j:plain

腎前性腎不全は腎臓に行く手前に原因があり、腎臓に届くものが届かず、腎障害を起こす状態です。
救急の場面では疾患に伴う脱水による腎障害を目にしますが、他にSHOCKや薬剤性、心不全等々があります。

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov

www.karger.com

f:id:ZoeSun:20211029124313j:plain

薬剤性の原因薬剤としては、NSAIDs、高血圧に用いるACE-i、ARBなど入院患者さんの多くが飲まれている薬剤ではないでしょうか?

と言う感じで、尿毒症!と聞くと何を見て、何を聞けば良いんだろう?となりかねませんが、そん前段階”腎機能を悪化さえる要因+タイムコース”に着眼すると、私たち看護師が、聞いて、見て、感じることのできる内容が多く含まれています。

次のEは長くなりそうなので、今日はUだけで終了します!

本日の参考図書




コメント

タイトルとURLをコピーしました