DVTといえばホーマンズ徴候? フィジカルの教科書”マクギー”の視点から 〜NPでの学びを看護に繋げる〜

physical

DVTの身体所見で教科書で身体所見として記載されているのを見たことある人も少なくない
ホーマンズ徴候(N Engl J Med 1944;231:51-60

 

まずはホーマンズ徴候の歴史を少し…

 

ホーマンズ徴候の真実?

Diseases of the Veins | NEJM
Medical Progress from The New England Journal of Medicine — Diseases of the Veins

f:id:ZoeSun:20200930012701j:plain

そしてこのサインの主人公?

Dr. John Homans(1877–1954

f:id:ZoeSun:20200930012857j:plain

 

Dr.  Homansが残した言葉
このサインをHomans’ Signとも名付けていないし、素晴らしく正確なテストであるとも全く述べていない

ホーマンズ徴候(N Engl J Med 1944;231:51-60)→1994年(昭和19年)
その頃の世界と言ったら、、、→こちらを参照

ってことで、令和の時代に”ホーマンズ徴候=DVT”はいささか考えにくいところがあり(他の疾患も鑑別に上がるなど)

前置はここまでにして
フィジカルの教科書”マクギー”よりDVTの所見についてまとめてミタ

DVTの所見について(マクギーの身体診察より)

指標は尤度比
3以上だとそれっぽい確率↑
0.3以下だとそれっぽくない確率↑

f:id:ZoeSun:20200930013907j:plain

DVTの身体初見とされるものに3以上のものは見当たりません。
ちなみにNSは有意差なし

前記したホーマンズ徴候も、、、NS

左右差が確認できても尤度比2.1

例えば、左人工股関節全置換術を行いました
DVTリスクは高いです
左下肢と右下肢の太さが違ったらDVT
とは言い切れないです
手術の影響もあるでしょうし、、、
尤度比で考えると、最良の所見はないのか、、、

ってことで生まれたのがスコアリング化です。

DVTーWells Score

f:id:ZoeSun:20200930014407j:plain

Wells Scoreは肺塞栓だけじゃない!

このスコアリングで点数を出し
点数によって尤度比UP!
3点以上で5.9 !

使わない手はないですね!
もちろん令和の医療なので
エコー等非侵襲的な検査も取り入れながら、検査前確率を上げていきましょ!

 

参考図書

コメント

タイトルとURLをコピーしました